秋田市広面 | 産婦人科 , 泌尿器科(不妊治療) , 内科 | 清水産婦人科クリニック

診療内容
HOME > 診療内容 > 良性腫瘍 > 卵巣腫瘍

良性腫瘍

卵巣腫瘍

卵巣には良性から悪性までさまざまな腫瘍が発生します。比較的頻度が高いのは、皮様嚢胞、子宮内膜症性卵巣嚢胞などです。

皮様嚢胞

卵巣内に脂肪、毛髪、歯芽などが発生し、大きくなる腫瘍です。卵子の異常発生と考えられています。その多くは良性ですが、稀に悪性化する場合もあります。
症状はないのがほとんどですが、腫瘍がねじれて激しい腹痛をきたすことがあります。
治療は経過観察か手術となります。

子宮内膜症性嚢胞

子宮内膜症が卵巣に発生し、内部に古い血液が貯留して卵巣が腫大している腫瘍です。別名"チョコレート嚢胞"とも言います。その多くは良性ですが、稀に悪性化する場合もあります。症状は無症状から"重い生理痛"ないし慢性的は下腹部痛などがあります。また腫瘍がねじれたり、腫瘍内部の内容液(古い血液)が漏れ出て激しい腹痛をきたすことがあります。

治療は腫瘍の大きさ、年齢、症状の状態(月経痛の程度、及び現在、妊娠を希望するかどうかなど)により、経過観察、薬物療法、手術を行うことになります。

 

▲ トップへ戻る