秋田市広面 | 産婦人科 , 泌尿器科(不妊治療) , 内科 | 清水産婦人科クリニック

診療内容
HOME > 診療内容 > 性感染症

性感染症

クラミジア

クラミジア・トラコマチスという病原体による感染症です。クラミジアは最近の発生動向調査によれば,最も発生頻度が高い性感染症で,とりわけ20 歳代に多く見られます。

症状

女性の症状:
子宮頸管炎が発症し、帯下の増加が見られます。ただし症状が乏しく気が付かないことも多いと言われています。さらに進行すると腹腔内に感染が及び、腹膜炎となり、腹痛を生じます。子宮や卵管周囲癒着を起こし、不妊の原因のひとつとされています。

男性の症状:
尿道炎が発症し、尿道から膿(うみ)のようなものが出ます。ただし、症状が乏しく気が付かないことも多いと言われています。

検査

女性の場合、頸管粘液を採取して検査します。男性の場合、尿で検査します。

治療

抗生物質の内服(1回のみ)治療が的確に行われれば,ほぼ100%完治しますが、数週間後に治ったか確認する必要があります。また、パートナーも同時に検査治療する必要があります。

▲ トップへ戻る

淋菌

症状

男性の症状: 感染後2〜7日頃に強い尿道排尿痛と膿性(うみ)分泌物がでます。

女性の症状: 陰部の不快感、異臭のある膿性のおりものが出ます。骨盤内の感染を起こし、激しい腹痛や発熱を起こすこともあります。

治療

抗生物質の内服(1回のみ)治療が的確に行われれば,ほぼ100%完治しますが、数週間後に治ったか確認する必要があります。内服薬で治らない場合、抗生剤の点滴治療が必要になります。また、パートナーも同時に検査治療する必要があります。

▲ トップへ戻る