秋田市広面 | 産婦人科 , 泌尿器科(不妊治療) , 内科 | 清水産婦人科クリニック

診療内容
HOME > 診療内容 > 不妊症検査

不妊症検査

検査項目

1. 基礎体温:
ご自分で起床前の体温を測定し、グラフとして記録してください。2〜3ヶ月測定して下さい。
2. 子宮卵管造影:
造影剤を子宮内に注入し、子宮の形、卵管の通過性を調べます。
月経開始日から10日以内に行います。
副作用として造影剤によるアレルギー反応があります。
3. 精液検査:
夫の精子数や運動率を調べます。3〜5日間の禁欲期間の後に検査します。
検査用容器がありますので、事前にもらってください。 院内には採精室があります。精液はご自分でとって頂きます。自宅でとる 場合、1時間以内くらいで病院に持ってきてください。極端に温めたり、冷やさないで持ってきてください。当院では精子分析装置(SMAS)で検査しま す。
4. 経腟超音波検査:
子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢胞などを調べます。また、卵胞(卵子が入っている袋状のもの)の大きさを測定し、排卵時期を調べます。
5. ヒューナーテスト:
性交後検査とも言います。排卵期に性交をして頂き、排卵期の子宮頸管粘液内に運動している精子がいるか否かを診断します。
排卵前に受診して頂き、排卵時期を予想します。
検査日の朝、ないしは前日の夜に性交してください。子宮頸管粘液を採取し、顕微鏡で運動精子の有無を調べます。運動している精子がいれば正常と判断します。精子はいるけれども、運動していない場合は、再検査ないし精密検査となります。
6. ホルモン検査: 月経期に採血します。
7. 子宮頸がん検診:
子宮頸がん検診は直接的には不妊症とは関係ありませんが、子宮頸がんは20代から起こりますので、一度検査をすることお勧めします。
8. クラミジア抗原検査:
クラミジアは無症状であることも多く、クラミジアによる炎症で卵管閉塞をきたす場合もあります。
9. その他:
血圧測定や甲状腺機能検査、多嚢胞性卵巣症候群が疑われる場合、糖尿病検査(血糖やインスリン)、男性ホルモン検査。

▲ トップへ戻る