秋田市広面 | 産婦人科 , 泌尿器科(不妊治療) , 内科 | 清水産婦人科クリニック

診療内容
HOME > 診療内容 > 不妊症治療

不妊症治療

治療方法は原因ごとにより異なります。また年齢や不妊期間なども考慮に入れる必要があります。さらにご夫婦がどのような治療を希望されるかが重要で、個別に対応する必要があると考えています。なお、手術療法が必要になる場合、しかるべき医療機関に紹介することになります。

不妊治療の助成金についてお知りになりたい方は こちら をご覧ください。

下記に示す治療方法は一般的な知識とご理解ください。

 

原因ごとの治療方法

1. 卵管因子:
子宮卵管造影で卵管通過性が確認されない(卵管閉塞)や卵管、卵巣周囲に癒着が推定される(卵管周囲癒着や卵管水種)など

(1) 卵管閉塞: 卵管鏡下卵管形成術や体外受精
(2) 卵管周囲癒着、卵管水種: 開腹手術(腹腔鏡手術)や体外受精

2. 子宮内膜症: 腹腔鏡(開腹手術)や体外受精
3. 男性因子:

(1) 精索静脈瘤: 手術療法、薬物療法
(2) 閉塞性無精子症: 手術療法、精巣内精子採取術‐顕微授精
(3) 非閉塞性無精子症: 薬物療法、精巣内精子採取術‐顕微授精
(4) 乏精子症: 薬物療法、人工授精、体外受精
(5) 勃起障害・射精障害: 薬物療法、人工授精

4. 原因不明:
原因を特定できない場合を"原因不明"と表現します。十分に自然妊娠可能であるとも考えられます。治療としては経過観察(タイミング、排卵誘発剤)→人工授精→体外受精となります。

▲ トップへ戻る

 

治療方法の説明

1. タイミング:
超音波検査やホルモン検査等から排卵日を推定することを、しばしば"タイミング指導"などと言われます。
2. 排卵誘発:
原則的には排卵障害がある場合に使用します。排卵障害の原因ごとに使用する薬剤は異なります。薬剤の服用ないし注射後、卵胞形成があるかどうか(排卵が起こるかどうか)を調べていきます。

(1) クロミッド: 月経5日目から5日間、1日に1錠〜3錠服用します。
(2) セキソビット: 月経5日目から5日間、1日に4錠〜6錠服用します。
(3) 漢方薬: 温経湯など、クロミフェンなどと併用する場合もあります。
(4) ドパミンアゴニスト剤: 高プロラクチン血症がある場合に使用します。商品名:パーロデル、テルロンなどです。クロミッドと併用する場合もあります。
(5) インスリン抵抗性改善薬: 多嚢胞性卵巣症候群でインスリン抵抗性がある場合に使用します。
(6) ゴナドトロピン療法: HMG(human menopausal gonadotropin)で卵胞形成を促し、HCG(human chorionic gonadotropin)で排卵を誘発する方法です。強力な排卵誘発方法です。クロミッドが無効な場合や体外受精などに使用します。副作用として、卵巣過剰刺激症候群や多胎などがあります。

3. 人工授精(AIH):
精液内から精子を抽出および調整し、排卵期に子宮内に注入する方法です。乏精子症などの男性因子、性交後検査(ヒューナーテスト)不良例、原因不明でタイミングでは妊娠に至らなかった場合などに行います。排卵誘発を併用する場合もあります。
4. 体外受精胚移植法(IVF-ET):
卵子と精子を培養液内で受精させ、胚(受精卵)を子宮内に移植する方法です。
IVF-ETには4つの過程があります。

(1) 卵巣刺激: 自然周期で卵胞1個から卵子1個を採取する場合もあります。また複数個の卵子を採取するための卵巣刺激方法があります。
(2) 採卵: 麻酔(局所麻酔ないし静脈麻酔)をして、経膣超音波ガイド下に卵巣を穿刺します。
(3) 体外受精、培養:

通常の場合: 精液内から精子を抽出および調整し採取された卵子の入った培養液内に精子を注入します。(媒精)後に受精を確認します。
顕微受精の場合: 通常の媒精で受精しない場合や重度精子減少症の場合に精子1個を卵細胞質内に注入します。

受精卵を培養液内で4細胞期や胚盤胞期まで培養します。

(4) 移植: 胚(4細胞期胚や胚盤胞期胚)を超音波ガイド下に子宮内に入れます。現在では移植する胚は原則1個です。余剰胚は凍結することができます。

5. 禁煙:
禁煙はご自身できる不妊治療のひとつであり、いわゆる"妊娠するための体作り"のひとつであると考えています。妊娠中の喫煙は胎児への悪影響や妊婦自身へ悪影響などが明らかですので、禁煙することになります。また、乏精子症や精子無力症と診断された方も禁煙することをお勧めします。禁煙補助剤の処方も行いますので、ご相談ください。
6. 運動:
運動することはご自身でできる不妊治療であり、いわゆる"妊娠するための体作り"のひとつであると考えています。ダイエットではありません。適度な運動は骨盤内の血流の改善やストレス解消につながると思います。手軽な運動はウォーキングだと思いますが、運動する時間がないと皆さん言います。秋田では特に冬、雪のため外で運動する機会がぐっと減ります。
また、今まで運動する習慣がない人が運動を始めるのはなかなか厄介なものです。簡単なストレッチを紹介する本などを待合室に置いていますので、ご覧ください。
7. 食事:
過度の肥満や"やせ"は排卵障害の原因となることがあります。妊娠しやすくなる特定の食材はないと思います。月並みですが、過度に外食やインスタント食品に頼らず、バランス良い食生活を心掛けてください。また待合室に料理レシピの参考になる雑誌等も置いてありますのです、ご覧ください。
8. 遠赤外線治療:
当クリニックでは遠赤外線照射器、サン・ビーマーを設置しております。遠赤外線療法は体を内側から温める効果があり、血液の流れをよくすることで、細胞が活性化され不妊治療のさまざまな問題(卵子の質、着床しない)改善の可能性があると考えられています。

 

当院での治療にかかる費用

図:治療にかかる費用

▲ トップへ戻る