秋田市広面 | 産婦人科 , 泌尿器科(不妊治療) , 内科 | 清水産婦人科クリニック

院長のご挨拶
HOME > 院長のご挨拶

開院のご挨拶

クリニック外観

皆様はじめまして

 当クリニックのホームページに来ていただきありがとうございます。
当クリニックは産婦人科診療全般を行うとともに、不妊治療は体外受精等の高度生殖医療を行うとともに、男性不妊や漢方治療など生殖医療を総合的に行えるクリニックです。

 医学部学生時代に病院実習で受精卵を見せてもらい、その綺麗で美しいことに感動してこの仕事を始めました。今は産婦人科医として20年間産婦人科全般の診療を従事した経験や自分自身が結婚し、親となったことで、産婦人科は時代を越えて、生命をつないでいくこと、遺伝子をつないでいくことを手伝う仕事であると強く思っています。初心を忘れず、さらに不妊治療の道を究めようと思って開業しました。今までの産婦人科医としての立場にとらわれず、生殖医療を総合的に診る「生殖医療総合医」を目指していこうと思っていますが、まだまだ身につけなければならない知識があると感じています。

 不妊治療には漢方をはじめ、さまざまな西洋医学以外の治療方法が存在します。その治療効果がどのようなものなのか正確にはわかりませんが、体外受精をしても100%の成功率があるわけではなく、はなから否定するつもりはありません。また、不妊治療をやめたら自然妊娠したとか、1人目は体外受精でやっとできたのに2人目は自然妊娠したなど「生殖」には不思議なことがしばしば起こります。「ストレス」なのかもしれません。子宮と卵巣だけ診ていてもだめで、いわゆる「全人的」に診ていかなければならないということだと思います。
 不育症、子宮内膜症、子宮筋腫などの疾患は不妊症と深く関連があり、それらの疾患についても合わせて診てまいります。

 以前、大学病院に勤務していたときは妊娠に至らずに治療をやめた方のその後を見ることはなかったのですが、前勤務していた病院では、以前診ていた患者さんの中で希望かなわず、不妊治療を終了した方が今度は更年期障害に悩んだり、子宮内膜症性卵巣嚢胞(いわゆるチョコレート嚢胞)を持ったままどうしようかと悩んでいるのを見る機会があり、不妊治療の“アフターケア”もとても重要だと感じました。それは私自身が中高年になって、更年期障害、閉経以降の高齢者も自分に近い問題と捉えるようなったことも大いに関係があるでしょう。不妊治療ばかりでなく更年期、閉経以降もしっかり診られるようにならないといけないと思っています。

院長 清水 清

 当クリニックは小さな診療所ではありますが、地域の皆様が少しでも幸せになるようにお手伝いできるよう努力し続けたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。


清水産婦人科クリニック 院長  清水 靖


 

▲ トップへ戻る

 

自己紹介

認定医資格

  • 日本産婦人科学会専門医
  • 日本生殖医学会認定 生殖医療専門医

経歴

平成2年3月 秋田大学 医学部 卒業
平成3年4月 仙北組合総合病院
平成7年3月 医学博士号 取得

研究テーマ: 男性不妊精子のproacrosinの異常に関する生化学的検討
掲載雑誌: Evidence of proacrosin molecule abnormality as a possible
cause of low activity and unexplained failure of fertilization in vivo.
Journal of Andrology 1997

平成7年2月 中通総合病院
平成7年6月 秋田大学医学部附属病院(体外受精、内視鏡グループ)
平成10年9月 アメリカ国立衛生研究所(NIH)留学
平成12年9月 公立七戸病院(青森県)産婦人科医
平成13年4月 秋田大学医学部附属病院(体外受精、内視鏡グループ)
平成18年4月 平鹿総合病院 産婦人科科長
平成23年3月 清水産婦人科クリニック開業
  • 生年月日: 昭和38年5月2日 群馬県出身
  • 家族: 妻、子供1人
  • 趣味: 水泳(メタボ対策もかねて)

▲ トップへ戻る

 

ロゴマークについて

ロゴマーク

ロゴマークは何に見えるでしょうか?
四葉のクローバー?
蝶?
マトリョーシカ(ロシア民芸品)が立っているのと逆立ちしている?
マークはいろいろなものに見えたほうが楽しいと思います。

正解は4細胞期胚と胚盤胞を組み合わせたものです。実際にはありえない状態ですが、それが逆にどこにも存在しないオリジナルなものだと思っています。
4細胞期胚は4つの割球が均等で良好と判断されるものです。このような胚ができますようにと願いも込めています。

 

▲ トップへ戻る